2007年12月31日

平成19年度競技部別ブロック研修会について

平成19年度競技部別ブロック研修会について

 時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平素は、当連盟に格別のご協力を賜り誠にありがとうございます。
 さて、日山協より通知のありました標記の研修会を別紙要項の通り開催敷します。今回
の研修におきましてはボルダリング競技の導入にともない新たに競技運営員認定講習、競
技運営研修、日山協公認クライミング競技C級審判員認定講習を行います。各連盟関係者
の皆さんの多数のご出席をお願い致します。

平成19年度競技委員会近畿ブロック研修会 実旅要綱

趣 旨  国体山岳競技の審査・運営にあたる審判員の育成と資質の向上を図
るため、山岳競技に関する競技運営員の認定講習及び山岳競技規則の内容につ
いての運営研修を行う。また日本山岳協会公認クライミング競技C級審判員資
格の認定講習も行う。
参加資格
    (1)国体競技運営員認定研修は、所属岳連(協会)会長より推薦された者
    (2)競技運営研修は、国体審判員の資格があり所属岳連会長より推薦さ
      れた者
    (3)日本山岳協会公認C級審判員認定研修は、所属岳連(協会)会長より
      推薦された者
    (4)山岳競技に興味のある者
期 目 平成20年2月2日(土)〜3日(日)
会 揚 近江希望が丘ュース・ホステル TEL077・578・2201
    滋賀県野洲市北桜978(希望が丘文化公園西ゲート)
    尚、ボルダリング実習はKO-WALL TEL077・554・3515
    栗東市小柿2丁目8−2 で行う
日 程
2月2日(土)
12 : 30〜13:00 受付(ユース・ホステル玄関)
13 : 00〜13:30 開会行事・オリエンテーション・諸連絡
13:40〜17:40 研修
●競技運営員認定研修  ●競技運営研修       ●C級審判員認定研修
 山岳競技概論       第61凹秋田国体報告     国際競技規則
  一般登山と山岳競技   日山協組織改革について   実技研修
  山岳競技の歴史                   KO−WALL移動
 規則集購読        大分国体からの変更点    ポルダリング研修
 実技研修         実技研修          模擬コンペ

18:00〜
夕食・交流会・入浴

19:30〜
●C級審判員認定研修
 秋田国体報告
 競技審査事項
 ポルダリングジヤパンカップ

日 程 2月3日(日)
7:00〜7:40 朝食・諸連絡
●競技運営員認定研修
 8:00〜11:00 討論とまとめ
●競技運営研修
 8:00〜11:00 競技規則集の確認
 11:30〜12:00 閉校式

●C級審判員認定研修
 競技審査事項まとめ
 12 : 10〜13 : 00 昼食
 13:10 認定試験説明
     筆記試験
     結果発表
 16:00 終了予定

参加費等
  参加費  1000円(日山協へ納付)
  宿泊費  8000円(昼食は各自)
  規則集  1000円(新しい規別条を購入ください)
  KO-WALL利用料 2000円(C級審判員認定研修のみ)
申し込み方法 別紙1を必要部数コピーし、必要事項を記入して申し込む
       別紙2を両面コピーし、記入して持参(C級審判のみ)
申し込み先  滋賀県山岳連盟 競技委員 小林広幸 滋賀県立八幡高校
       〒523-0031 近江ハ幡市堀上105 TEL0748・83-2302
                       FAX0748-33-4051
       FAXの場合は当日正式書類をご持参ください
申し込み期日 1月25日
SCAN3352_000.pdf
posted by カロリー1/3  at 14:47| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クライミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。